離婚はセックスレス 借金 不倫 浮気が原因 無料カウンセラー 弁護士に相談は裁判訴訟 家庭裁判所調停 別居回避 慰謝料 養育費 協議書 届用紙

離婚したくない場合は修復の可能性を検討

離婚したくない場合は修復の可能性を検討

離婚は出来る限り避けたいと考える方は非常に多いものです。子供のため、相手への愛情など、理由は様々です。離婚したくない場合、相手側から離婚請求をされた時にはどうすればよいのでしょうか。離婚は一般的に協議離婚をする場合が多く、協議離婚は双方の意思が合意すれば離婚できる方法です。

離婚したくないとどちらかが拒否し、合意が得られない場合、調停、裁判で離婚の決着をつけることも可能です。離婚したくないと考えた場合、修復の可能性を検討する必要があります。

また、相手の離婚したい理由、夫婦間の問題などを検討、見直す必要もあるでしょう。離婚したくないと考えている段階であるならば、相手や周りに流されずに、よく考えてみることが大切です。

離婚せずに夫婦であることの意味、5年後10年後の自分、家族がどうなっているかを想像してみることも一つでしょう。離婚したくない場合、相手との関係を修復することも必要となります。

一人で解決が難しい場合は、両親や身内などを含めて、離婚したくないこと、修復したいことなどを話し合い理解してもらうことも一つの方法です。

離婚したくないと一人で悩まずに、相談してみることで解決の糸口が見つかる場合もありますので、カウンセリングを利用してみるのもよいでしょう。

またその逆に離婚したくないと言う相手が離婚に応じてもらうための段取りや手順なども重要です。第三者からの客観的な意見を取り入れることも離婚問題には必要なのです。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional