アレルギーは卵や牛乳 ミルクといった食べ物のほかダニや猫、また幻覚などと多岐に渡りますので専門の科にかかりましょう

牛乳アレルギーの症状が起きる原因

牛乳アレルギーの症状が起きる原因

牛乳アレルギーを持つ人はとても多いようです。牛乳アレルギーには、いったいどのような症状があるのでしょうか。

主な例として、下痢、湿疹、喘息などの症状を引き起こす可能性があります。アレルギーとは別に、吐き気などを引き起こす人もたくさんいるみたいですね。

牛乳アレルギーの症状が起きる原因は、たん白質です。たん白質が消化されないまま吸収されると抗原となって体内に入り、抗体が出来ます。

このような状態のところへ再び抗原であるたん白質が吸収されると抗原反応が起こります。牛乳アレルギーという症状が発症するのは、その結果が原因となっています。

牛乳アレルギーは小さな子どもに発症することが多いため、新生児に牛乳を含むたん白質を与える場合は十分な注意が必要ですね。

牛乳アレルギーは2歳~3歳までの間には大抵治りますから、心配ありません。牛乳アレルギーを持つ大人の方も稀にいますが、これはアレルギーではないのです。

大人の場合ですと、大部分が乳糖不耐症によるものです。牛乳アレルギーがある子どもは、牛乳が含まれたどんな食物でも発症します。

また牛乳に限らず、他の食物でもアレルギーが発症する場合もありますから、一度でもアレルギー症状は出た場合は食物に対して細心の注意を払うようにしましょう。

牛乳アレルギーには、発症率は低めですがアナフィラキシーが起こる報告もあります。ただの牛乳かと思えるかもしれませんが、発症すればとても怖いものとなります。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional